*

白いレンガが素敵な青森美術館に行ってきました

夏休みを利用して、念願の青森美術館に行ってきました。

青森美術館は青木淳によって設計された建物で、青森空港から車で20分くらい走った所にあります。

駐車場に車を停めて、まず最初に出てくるこの看板。

建物の外壁と同じ白いレンガが使われていてワクワクしてきます。

看板の前の道を建物の方に近づいて行くと、おっきな庇が入館者を出迎えてくれます。

外壁には特徴的な窓とネオンサインがあります。さすがにレンガは経年劣化で黒ずんでるところがありました・・・。

館内は展示スペースが中心で撮影出来る所が少ないのですが、撮影OKのところにある階段のテクスチャーがとてもかっこいいです。

青森美術館といえばの、あおもり犬(奈良美智作)もしっかりと見れました!実際見ると迫力があります。

外に出て外から建物を見ると、この建築のコンセプトであるトレンチ(壕)に白いレンガの塊が覆いかぶさっている様子がよく分かります。掘られた地面にドカッと白いボリュームがかぶさっている様に見えました。ここのアングルはすごくダイナミックです。

青森美術館は細かいディテールに凝っているところが沢山あって見てて面白いのですが、そのひとつが外壁の出隅の納まりです。この建物ではわざわざ角に来るレンガの面を取って、レンガの厚みを感じさせない様に設計されています。そうする事でレンガがまるで紙の様に薄いものに感じる事が出来、不思議な感覚になります。

ここもダイナミックなアングルでした。天井にレンガがフラットに使われているのも、普通じゃないので不思議な感覚になります。

上写真の場所を反対から見たところ。

内部のインテリアも面白いです。

ここの空間が正方形の4面どちらを向いても同じデザインになる様に設計されています。写真の正面に窓がありますが、窓の向こう側は外ではありません。

帰り道振り返るとネオンサインが点灯されていました。

写真でうまく撮れなかったのですが、実際には全部点灯されています。白いレンガの壁に映えるブルーのネオンです。

1時間くらいで見終わると思っていたのですが、気が付いたら3時間くらいグルグルとみて回ってしまいました・・・。

設計者の細部にわたるこだわりが感じられる、見応えたっぷりの建築です。

次は冬に行ってみたいです。

スポンサードリンク


関連記事

表参道近辺でARTS&SCIENCEの店巡り

表参道で時間が出来たので、私の好きなARTS&SCIENCE系列の店巡りをしてきました。

記事を読む

「空へ、海へ、彼方へ – 旅するルイ・ヴィトン」展に行ってきました。

先日コチラで紹介した、「空へ、海へ、彼方へ – 旅するルイ・ヴィトン」展に行ってきました。

記事を読む

blue bottle coffeeのプレオープンに行ってきました

コーヒー界のAppleと言われる、blue bottle coffee(ブルーボトルコーヒー

記事を読む

富ヶ谷のビーントゥバーチョコレート専門店Minimalに行ってきました

噂のビーントゥバーチョコレート専門店Minimalに行きました。 店に入るとカカオの良

記事を読む

温泉ついでに横須賀美術館に行ってきました。

久しぶりにゆっくり出来ました。 こないだの休みに温泉行く予定が出来たので、そのまま足を伸ばして横

記事を読む

神楽坂に出来たラカグ(la kagu)に行きました。

隈研吾さんの設計で話題の商業施設、ラカグ(la kagu)に行ってきました。オープンしてから少し経ち

記事を読む

茅場町にある家具屋さんRigna(リグナ)に行きました

世界中のデザイナーズ家具の販売や通販、インテリアコーディネートを紹介しているインテリアショップRig

記事を読む

NEWoManにニューオープンしたブルーボトルコーヒーに行ってきました

新宿にオープンしたBLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)に行ってきました。

記事を読む

自由が丘の駅前にある家具屋CRASH GATEに行きました

自由が丘に新しく出来て気になっていたCRASH GATE(クラッシュゲート)という家具屋さんに行って

記事を読む

上野公園までポール・スミス展に行ってきました。

 最終日滑り込みで「ポール・スミス展」に行ってきました。   場所は上野にあ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑