*

チークのヘリンボーンフローリング貼れました【IOC・アイオーシー】

以前紹介したIOCのチークヘリンボーンが貼れました。

teakherringbone-1503-01

かなり素敵な感じです。

ヘリンボーンならではの表情が部屋の雰囲気にピッタリでした。
メンテナンスフリーになるSSG塗装という液体ガラス塗装も全然違和感なく、木の表情の残ったやさしい床になりました。

アップで撮りました。

teakherringbone-1503-02

アップで見ると、薄い色から濃い色まで混ざっているのが分かります。
写真の左側に窓があってフローリングが光っていますが、光の当たり具合でもだいぶ印象が違って見えます。

暖色系の照明に当てて撮った写真です。画質が悪くなってしまいました。。。

teakherringbone-1503-03

こうやってみるとチークらしい赤茶の色がよく出てきました。色ムラも少なく見えます。

初めてチークでヘリンボーンを貼りましたが、優しい雰囲気だけどすごく上品という印象が残りました。
今回はW75×L450mmというサイズで、部屋とフローリング材の大きさとのバランスがいい具合だったというのもポイントだったと思います。

ヘリンボーン チーク 複合フローリングネオクラシコシリーズ /IOC(アイオーシー)

スポンサードリンク


関連記事

チークのヘリンボーンフローリング届きました【IOC・アイオーシー】

届きました。 チークのヘリンボーン、複合フローリングでIOC(アイオーシー)のものです

記事を読む

ワトコオイルのナチュラルをフローリングに塗りました

「英国生まれの木材用塗料」でおなじみ?のワトコオイルを塗りました。 WATCO(ワトコ)とは木

記事を読む

古材調です。オールドチェスナットの75幅フローリング

いい感じです。栗の木で作った古材調の無垢フローリング。 少し引いてみたアングル。

記事を読む

色が素敵なウォルナットのパーケットを貼りました【IOC・アイオーシー】

以前チークのヘリンボーンで使ったIOCフローリング。 こんどはウォルナット(くるみ)のパーケットを

記事を読む

古材です。フローリングに足場板を使いました

足場板をフローリングとして床に貼りました。 最近は良く見かけますが、色が抜けてカラッと

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑